休肝日を作っては破っての繰り返しです。

毎年、健康診断の時期が近付くとだんだんと憂鬱になってくるわけですが、また今年も色々と小言を言われてしまうのでしょう。

特に40歳を越えた頃から肝臓に関する数値がだんだん高くなってきているのは分かっていて、家内からもアルコールは控えるようにとうるさく言われてはいるのですが、どうしてもやめられません。

しかも、ここ数年は生活習慣病なのかもしれませんが血圧が段々と高くなってきており、尿酸値も判定基準を突破しそうな勢いです。

ならばということで、週に2回とかいわゆる休肝日を設けたりとかしてはみるのですが、飲まなかった次の日など、輪をかけて飲んでしまうのでかえって逆効果なのではないかと思うことしきりです。

これまで一体何度休肝日を設けては破っての繰り返しを続けてきたことか、己の精神的な弱さに自分自身あきれ返っている始末です。

アルコール性肝炎とか肝臓がんとか、病気はもちろん怖いのですが私からお酒を取ったら人生の喜びの何割かが失われてしまうに違いありません。

そこで私が考えたのが、日常生活に運動を取り入れることで生活習慣を改善し体重を減らして脂肪を減らすことです。

直接肝臓の健康に関係あるかは分かりませんが、少なくとも今よりはまともな身体、健康状態に近づくのではないかと思うのです。

しかし運動の後のビールはまた格別な味なので、飲み過ぎてしまわないよう気を付けなければなりません。

酒は百薬の長という言葉もあるように、うまく付き合っていくのがポイントでしょう。

アルコールを飲む事による肝臓障害などの不安について

アルコールを飲むと疲れも取れますし、食事も美味しくなり良い部分が多いと思うのですが、お酒を飲みすぎてしまうと中性脂肪も上がってしまいますし、アルコール性肝炎や肝硬変脂肪肝、肝炎など怖い病気になってしまう可能性までもあります。

もちろん、アルコール量を適度に控える事も大切だと思いますし、習慣のように毎日飲む事は避けるようにはしていますが、自覚症状を感じないような病気もありますし、常に不安に感じる部分も多々ある状態なのです。

主人もお酒を飲むのですが、 糖尿病になりかかった事もありますし、昔はとてもお酒に強かったのですが、年齢的な変化もあり二日酔いなどの症状が出るようにもなり、臓器に負担がかかってしまったり、メタボ体質が今以上に深刻化しないかと心配な部分があります。

もちろん会社でも検査などはしており、異常は無いので今の所問題はないのですが、これからは生活習慣病になりやすい世代にもなりますし、食事の習慣性にある程度は配慮したり、 病気にならないような健康的な生活も心がけなければなりません。

アルコールで病気になる人は、体質的なものもあると思いますし個人差もあり、誰もがアルコールを摂取すれば病気になる危険性がある訳でもありませんし、普段から飲みすぎを避けるように予防していれば、それだけで健康を維持する事ができるのかもしれません。

とにかく、病気になる事はどうしても避けたいので、毎日の食生活でもアルコールの摂取のし過ぎなどは避けると同時に、日常生活でもストレスを抱えすぎない生活を送るように心がけ、肝機能を守る栄養バランスにも配慮したいと思います。